「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

[追記22日]NT2017年7月号感想(連載17回)

Category : F.S.S.

■お知らせ 2017年


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。
https://www.dreampass.jp/m342768
まだチケット販売中の劇場あり。

■インタビューページのキャラ紹介


ラキシス……
シャトル・アシリアが通常のアシリアの「上位仕様」であると記されている。

ナオ……
なんと、作者によればナオは「見た目も素性も主人公として作られて」いて、超帝國時代の主人公らしい。しかも三女神に匹敵する重要キャラだという。まじか。たしかに今までにないデザインで変わった面白いキャラだったが主人公クラスとはね。あと、超帝國時代のシナリオもすでにあるらしい。

今後のストーリー……
作者によればヨーン中心の話のあとは、ショウメ、ラキシス、マキシ、その後にマグダルの話に行くらしい。直近ではヨーンとジークの漫才的な掛け合いなど。ロボット好きの人は「少し我慢してね」とのこと。


■本編の感想


アクト3ステージ5―18
ツラック隊・エピローグ1

今月は作者がノリノリで面白かった。10ページを読むのに2時間近くも掛かってしまったのは訳が分からんが、コマとセリフも多かったからかな。

ツバンツヒの回かと思って読んでいったら終わりには<天照王朝の女とは>という深いのか浅いのかさっぱり分からないテーマが出現して笑った。強烈な名セリフが次々出てきてツラック隊本編より凄い。

来月の連載で単行本14巻分は終了。区切りがいいのでその辺で作者には休載してほしい。が、ま、無理だろう。仮に休載したって今度はデザインズと表紙の製作を延々とやり始めるはず。

制服ツバンツヒ……
扉ページめくった瞬間めっちゃ笑った。ツバンツヒがなぜか制服を着ていて、しかもバケツを持って廊下に立たされているっていう。先月号からの時間の飛ばしかたが凄い。

今にして思えば、ツラック隊でソープとラキシスに出会ってしまった段階で、ツバンツヒにはもはや月野うさぎのようになっていくしか道はなかったのだろう。映画『花の詩女』や本編初登時でのクール・ビューティな姿が懐かしい。

「なんで……」「なんで…?」「なんでぇ~っ?」がセーラームーンだかプリキュアだかのアニメっぽくて面白い。こういった頭わるい系のエピソードもアニメ化したら楽しそう。

ミューリー・キンキー王女……
お、キンキーだ。わーい。でも顔は第5話のときのほうが好きだったな。

ふつうのセリフを言うのは初めて見た気がする。こんなしゃべり方だったのか。第5話のブラックスリーのときは「きゃっ!!」「サリオン様!!」しか言ってなかったはず。それ以外だと魔法少女みたいな格好でハスハでうろうろしていたときの「ここ どコォ~~っ やべぇ~~」(註)。というか、いつの間にハスハから帰ったのか。

 (註)NT2003年10月号 扉ページ。

学校にも帽子。これに関しては設定で「ジョーカーの学校は制服さえ着ていればあとは自由というところが多」(註)いから問題なし、とされている。国や家の伝統や風習への配慮でもあるという。日本の学校より先進的。

 (註)『スクールデザインズ』キンキーの項

『スクールデザインズ』では高等部の制服を着ていてたキンキーだったが、今月号では中等部の制服。後のページではスカートではなくズボンと記されている。へー。

パナールとタイトネイブ……
パナールがまともにしゃべるのも初めてかな。タイトネイブはいつものタイトネイブ。

『スクールデザインズ』から10年……
今月登場の学生キャラたちは2007年の『スクールデザインズ』でキャラシートが公開されている。たぶんこの学園エピソードを描くためのデザイン画集だったのだろう。それが10年越しでようやく本編に昇華されたと思われる。すごい。

ボケかましモード……
「だれ? このそうめんみたいな目の子」。ツバンツヒが初対面でしれっとケンカを売っていて笑った。<ボケかましモード>(註)にすでに入っている。よってこれ以降のすべてが茶番、ロールプレイと言ってもよいかもしれない。なにしろ本気でやりあえば全員ただでは済まない。

 (註)どうでもよい注釈。<ボケかましモード>といえばAF町だ。第5話、剣聖カイエンによって吹き飛ばされたクリスティン・Vの右腕に向かって、「ますたーーっ!! しっかりして下サイ」とボケていた。あの町はいい町だった。『リブート6』 p356欄外より。

イーシ・ルーマー……
初登場(のはず)。検索したら名前は『デザインズ5』に登場していたらしい。


(以下追記2017年6月22日)


下着ブランドいろいろ……
また作者の下着語りたい欲が出ていて笑った。出てきたブランドは「ブラデリス」「チュチュアンナ」「アモ」「ピーチ・ジョン」。これでまたF.S.S.読者の下着リテラシーが確かなものになっていく……。

タイトネイブの「わしなんかアモかピーチ・ジョンなのじゃ~~」がなんかいい。
ブラデリス https://www.bradelisny.com/jp/
チュチュアンナ http://www.tutuanna.jp/
アモ https://jp.amos-style.com/
ピーチ・ジョン https://www.peachjohn.co.jp/

だが女子の下着はもういいから次は男子の下着じゃ。メヨーヨ大帝(註1)やナオ・レイスル(註2)のチラ見えパンツのブランドを知りたい読者だって全国100万人はいるのではないか。ブランドが判明すればコスプレイヤー諸氏だって喜ぶというものだ。詳細が待たれる。

(註1)単行本13巻掲載キャラシート
(註2)単行本14巻に掲載されるでろうキャラシート

「理系の男子に人気」のツバンツヒ……
お、まじか。ツバンツヒの圧倒的な才能や知識に惹かれるのだろうか。おもしろい。

恋愛できないミラージュ女子……
タイトネイブのセリフ「ミラージュ騎士だの天照家の王女に告る男子なんているわけないのじゃ~~~~」。これは言われるまで気付かなかったが、たしかにそうだろうな。A.K.D.に限らずどこの国でもそうかもしれない。

ツバンツヒ……
頭かざりにはなにか秘密があるらしい。なんだろう。ぜんぜん想像つかないが。いまのところ設定では「中国の民族衣装で見られるものと同じ」(『デザインズ4』ツバンツヒの項)と書かれている程度のはず。「何だ何だ?」と言っているパナールが可愛い。

「ぬ~ぼ~っ」のコマのツバンツヒのデフォルメがなんか見たことない感じでこれも可愛い。

ここではチェスターフィールドコートっぽいものを着ている。ツバンツヒが紳士服的な襟のある服を着るのは珍しい。

AFオーハイネ……
「あ、あの~ミラージュ騎士なんですけど」。これまた凄いセリフきたな。破壊力がある。『太陽戦隊サンバルカン』で変身後のレッドが一般マンションの呼び鈴を鳴らして「太陽戦隊です」と名乗ったというシーンを思い出す。

浮遊城観光案内 東窓口……
窓口に二つ張り紙(?)がある。一つは「新製品 空飛ぶえびいせんべい エビが空とぶかボケー」。自分に突っ込む広告。もう一つには「今月のみどころ クラウドシティ周回 プラント きのこ狩り」とある。クラウドシティというのは、設定では浮遊城の下部にある都市で、ダウンタウンと観光地とされている(キャラクターズ7 p76)。

観光案内スタッフが吹き出すコマが可笑しい。コマ背景を余白にして間を作っているという意味では単行本12巻以降の永野作画(註)と同様だが今回はその発展形といったところか。作者はときどき「他人の作品は見ない」と言うが、それは絶対ウソで、かなりの数の作品を見ていろいろ吸収していると思う。

(註)単行本12巻には余白を活かしたコマが複数ある。たとえばバギィ・ブーフの「ヤベェ こいつ!!」のシーンや、剣聖カイエンに敗れたナイアスのコマ。ちゃんと検証してないがそれ以前のF.S.S.にはなかった演出と思われる。

クロクル・ハーマン……
唐突にクロクル・ハーマンきたー!! この名前、10年ぶりくらいに見た気がする。私なんか存在すらすっかり忘れていた。ごめんよハーマン。



続きはここに追記。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する