検索フォーム

英数字は全角で。

最新トラックバック

自由に選べる中学校制服

Category : FSS

千葉県柏市の柏の葉中学校が、性別に関係なく選べる制服を導入した、というニュース。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/08/kashiwa-no-ha_a_23356039/
「千葉・柏の公立中、性別問わず自由に選べる制服を導入  子供も協議に参加、どんな経緯で決まった?」

性別に関係なくスラックス、スカートを選べることにした理由はLGBT(性的マイノリティ)への配慮などであるという。

なんでもかんでもF.S.S.に結びつける信者の私としては、2007年に書かれた以下の設定を引用せざるをえない。

この学校を含め、ジョーカーの学校は制服さえ着ていればあとは自由というところが多く、髪型や化粧、靴や鞄など細かい規定はまったくない。これは金髪の学生もいれば縮れた黒髪の学生もいるし、民族の伝統で成人までは素顔を隠さなければならない生徒や、(中略)こういう多様な人々が集まる学校では集まる学校では細かな規定は意味がないからである。
(2007年『スクールデザインズ』 p22)



LGBTへの言及こそないが、人それぞれの事情への配慮、という意味では件の中学校と考え方が同じだ。ちなみにミューリー・キンキー王女は15歳まで、「家に伝わる風習」のためスラックスを着用し素肌を隠していたという(同 p25)。

このあたりは「マイノリティマンガ」「ダイバーシティ(多様性)マンガ」であるF.S.S.らしい設定だな。

そうか、F.S.S.はダイバーシティマンガか、と自分で言って自分で納得する人。




スポンサーサイト

非公開コメント